ホーム > 助成申請のご案内 > NPO基盤強化資金助成「住民参加型福祉活動資金助成」申込フォーム

2022年 社会福祉事業 住民参加型福祉活動資金助成申込フォーム

  • 字数制限がありますので「あと文字」を確認しながら入力してください。
  • 数字は全て半角で入力し、金額はカンマ(,)で区切って入力してください。
  • 入力漏れのないようにお願い致します。
  • 必須項目 は必須項目になります。
  • 該当するまたはにチェックをしてから、その内容を入力して下さい。
  • 「別紙参照」との記載は不可とします。
入力内容はリアルタイムに保存されます

1.団体の概要

団体名必須項目
連絡先必須項目

(市外局番から入力してください 例:03-1234-5678 半角)


(市外局番から入力してください 例:03-1234-5678 半角)

E-mailアドレス必須項目
ホームページアドレス
代表者必須項目


団体住所必須項目

*団体住所はどちらに該当しますか
郵送物送付先住所必須項目
郵送物送付先宛名必須項目

*選考結果を郵送するため、正確に記入してください。

担当者連絡先


(市外局番から入力してください 例:03-1234-5678 半角)


(市外局番から入力してください 例:03-1234-5678 半角)


(例:10:30〜15:30)

(例:090-1234-5678 半角)

*団体全体の情報を記入してください。

団体としての活動実績必須項目 団体の設立年月(西暦):
当財団からの助成

メンバーの数必須項目
収支状況必須項目

*必要な添付書類
@「収支計算書」(前年度)
A「収支予算書」(当年度)

―前年度(2021年度)の収支計算(半角)
(例:500,000 半角)
―当年度(2022年度)の収支予算
(例:500,000 半角)
総資産額必須項目

*必要な添付書類
「貸借対照表」(前年度)などがあれば添付

(例:500,000 半角)
団体の目的
(ミッション)
*字数上限:164字
(スペース・改行を含む)
*団体で正式に明文化されたもの(規約・会則など)を簡潔に記入してください。

あと 164 文字

活動内容必須項目
*字数上限:451字
(スペース・改行を含む)

*必要な添付書類
@「事業報告書」(前年度)
A「事業計画書」(当年度)

*団体の主な活動内容を記入してください。(団体の特徴がわかるよう具体的に記入してください。)
*必ず次の@Aを記載してください。
@団体設立の動機・背景 A主なメンバーのプロフィール

あと 451 文字

中期ビジョン必須項目
*字数上限:246字
(スペース・改行を含む)
*団体の将来像や活動の姿を具体的に記入してください

あと 246 文字

日頃、連携して活動を行っている団体があれば、記入してください。
*字数上限:205字
(スペース・改行を含む)
*連携先の団体名、連携して行っている活動(受託・委託、協働、協力など)の具体的な内容等を記入してください。

あと 205 文字

2.本助成に申請する内容について

活動の名称
担当責任者
活動の内容必須項目
(1)活動に該当する項目を全て選択してください。
(2)活動の目標・目的、実施方針と、実施する内容などを具体的に詳しく助成金の支出と関連付けて記入してください。(助成活動のために○○が必要、○○を利用してこの活動を行うなど)
※助成金の支出内訳に物品がある場合は、購入後の効果も記入してください。
*字数上限:656字(スペース・改行を含む)

あと 656 文字

本助成活動に関する活動報酬および
利用者からの利用料領収必須項目
*字数上限:各180字
(スペース・改行を含む)
(1)メンバーへの報酬の有無
(2)(1)が「有」の場合、内容を記載してください。

あと 180 文字

(1)利用者からの利用料領収の有無
(2)(1)が「有」の場合、内容を記載してください。

あと 180 文字

活動の進め方、
スケジュール必須項目
*字数上限:各枠内87字×4枠
(スペース・改行を含む)
西暦

あと 87 文字

あと 87 文字

あと 87 文字

(事業完了年月)

あと 87 文字

実施後に期待される効果必須項目(①〜③)
*字数上限:各枠内164字枠 合計492字
(スペース・改行を含む)
*①地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に取り組めているか

あと 164 文字

*②地域住民が主体となり、組織的かつ継続的にボランタリーな活動ができているか

あと 164 文字

*③より包括的な支援となっているか

あと 164 文字

次年度以降の展望
*字数上限:各328字
(スペース・改行を含む)
*今回、申請した活動について、翌年度以降の継続取り組みの展望について記入してください。

あと 328 文字

別紙「推薦者コメント」について、以下を確認してください。

本助成への申込みには第三者からの「推薦者コメント」が必要です。(捺印のある原本提出必須)

今回の助成を申し込むにあたって、以下の団体等に別紙『推薦者コメント』の記入を依頼し、提出してください。
・日頃から活動の相談など支援を得ている先(地域の社会福祉協議会、市区町村の福祉担当課などの行政、ボランティア センターなど)

ただし、本活動の支出先となる団体(者)を推薦者とすることはできませんのでご注意ください。

3.助成金の申請額と収支見込

※金額は半角

助成申請金額必須項目
助成金の支出(助成申請金額と一致するようにしてください)
(助成金の主な支出費目) (内訳・算出根拠 単価・人数他)
本事業すべてに関する収入金額助成金以外の収入(補助金、助成金など)
(  )内は費目を記入 (金額)
自己資金
本事業すべてに関する支出金額助成金充当費目以外の支出
(  )内は費目を記入 (内訳・算出根拠 単価・人数他)

*助成金の対象とならない費目への資金使途は認められませんのでご注意下さい。
*収入合計金額と支出合計金額を一致させてください。 *万円未満は切り捨てとします。
*対象費目(参考):人件費、会議費、機材・什器・備品購入費、交通費・通信費、印刷費、工事改修費など 
(ただし、人件費は助成金額の50%が上限です。

4.過去の助成歴および他への申請状況

(1)過去2年間に受けた助成(補助金)がある場合は、受給年・民間助成団体(国・地方公共団体)・助成内容・金額を記入してください。

民間助成団体

国・地方公共団体

(2)本活動と同じ、または関連する活動について、他の助成団体に申請している場合、記入してください。

民間助成団体

申請先団体名
申請テーマ(活動名)
申請金額
結果通知時期

国・地方公共団体

申請先国・地方公共団体名
申請テーマ(活動名)
申請金額
結果通知時期

必要な添付書類(添付される書類にチェックをしてください。)

必要な添付書類